FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルレガシーバックティー攻略14H

ナルレガシー14-1
昨日、第一回リア杯というイベントに参加させてもらいました!
自分は微妙なスコアだったのですが、とても楽しかったです!
機会があったらまた参加したいですね!

今回は14Hの攻略に行きたいと思います。
大会でも狙う人が多いのですが、Aのポイントを狙う方が多いのではないでしょうか?
ナルの場合、1W98%SBSが基準。これでちょうどカートウェイに当たり、
aの所に止まります。
しかし、、、ここはかなりリスクが高いのです。
右にぶれるとバンカー、左にぶれると木の手前に行ってしまい、
グリーンが全く狙えない状況に陥りやすいのです・・・。
JIミスして98%を引いてしまうと・・・届かなく池ポチャの危険もあるという三重苦!
特に強いフォローの場合、パワー調整も難しく、ラフまで転がりやすいので、
こちらは狙わない方が無難なのではないでしょうか??

おススメはBのポイントですね!ここは丘になっているので、
ボールの勢いが上手いこと殺されて、FWの先端bのポイントで止まってくれます。
ナルの場合、1W100%SBSでちょうどBのポイントに着弾します。
バックスピンを掛けなかったり、Bの地点より強く打ってしまうと、
奥の看板の所まで転がってしまいます。ここからはグリーンが狙えないので注意。
右からの風が強いと、左のバンカーに捕まってしまう事があるので、
その場合はサイドスピンを併用してまっすぐBの地点に落とせるよう調節しましょう。
ここからはグリーンまでの距離が遠いように思えるのですが・・・
ナルレガシー14-2
キッチリ4Iが使用できる距離ですので大丈夫です。
また、(見えませんが)ライが良いポイントなのでSBSでボールが燃えます。

一応もうひとつの飛ばす方法として、右のバンカーとFwの境目、
Cの地点に1WEX100%のサイドスピンで着弾させる方法もあります。
これで木の向こう側まで飛ばせて、残り距離も100Y強のところまで持って行くことは可能。
しかし、ラフに入りやすいため、正直あまりおススメは出来ません・・・。
Pもここで使うのはちょっともったいないですし・・・。

ナルレガシー14-4
①~③はちょうどグリーンの谷底に当たるため、仮にセカンドでJIミスしたとしても、
それほど難しいラインは残らないので問題ありません。
⑥はピンの右側にボールを落とせれば、強い傾斜の上りパットになりますが、
それほど難しくはありません。
⑦、⑧もグリーンが受けているので、落とし所は狭いですが、
パワー調整が正確ならベタピンは可能です。

問題は④、⑤ですね・・・。とにかく赤線をまたぐような所にボールを置かない事ですね!
赤線の手前にボールを置いてしまうと・・・
ナルレガシー14-3
大きなマウンド越えのパットになってしまい、これを入れるのはほぼ不可能です。
運が悪いと3パットも十分ありえます。
まだ奥のカラーやラフ(!の所)の方が全然マシです。ここからはチップも狙えますので・・・。

このホールはティーショットで飛ばすよりも、左のFWを狙った方が安定するように思えます。
とにかくティーショットでFWに落とせればそれほど難しくはないホールですね。



スポンサーサイト

ナルレガシーバックティー攻略13H

ナルレガシー13-1
レガシー13Hです!
ここは、、、数多のボールを海の中に落としてきた人も多いのではないでしょうか・・・
もちろん僕もその一人
結論から言ってしまえば、クラブによるボールの高さを把握しておけば
全く怖くありません!
Aのポイントは6IならSBSで全く当たらないです。
5Iでも90%以上のパワーで打てば、SBSで当たりません。
むしろ怖いのはBの断崖ですね。左のピン位置で、かつ左からの風が強いときには注意が必要。
斜めSBSで交わしてもいいのですが・・・
ナルレガシー13-2
①、④、⑥は高低差を考慮して打てば特に問題はないですね!
手前のラフ、バンカーには注意。ここからのチップは絶望的です・・・。
安全に行くなら気持ち強めのSBSがいいかな?SBSでグリーン手前に
止めてしまうと(①と注の間辺り)、鬼下りパットが残っちゃいますので・・・

グリーン左側②、⑦が問題のピン位置で、②に関してはSBSでJIを外すと、
!あたりのラフ、カラーまで転がってしまう事が多いです。
意外とここから②を狙うのは難しい。
せめて⑧近辺に止まってくれたら何とかなるかな?

⑦は左からの風が吹いていたら直接狙うのは不可能ですね。
下手にサイドスピンで狙おうとすると、奥に転がって長く難しいパットが残りやすいです。
③のあたりにSBSで狙えれば、ある程度簡単なラインとなります!
(7mくらいの左からの風なら、ギリギリ③をSBSで直接狙えます。)

左のピン位置で左からの風ですと、大会でもかなり荒れる事が多いホールです。
逆に言えばそこで耐える事が出来れば、入賞の可能性がグッと上がるので頑張り所ですね!

ナルレガシーバックティー攻略12H

ナルレガシー12-1
さてさて次は12Hの攻略に参りたいと思います!
考えられるティーショットの落とし場所は上記のA、B、Cの3箇所でしょうか・・・?
(赤線より向こうに落とすと手前の崖に当たり、グリーンを狙えなくなります。)
まずはAのポイントから考えていきましょう・・・
ここは1Wノーマルショットで届くのですが・・・
ナルレガシー12-2
240Y以上の距離が残ってしまう上に、下げライとなってしまいます・・・。
これではグリーンに乗せるのは至難の業・・・よって没。

次にBの地点。ここは1WEXでぶっ飛ばせば届きます。
ナルレガシー12-3
多少距離は残ってしまいますが、上げライになっているのでボールは止めやすいですね。
グリーン左側⑥、⑦、⑧のピンならここもまあアリかな・・・と思います。
しかしPを使わなくてはならないので後々厳しい戦いが続くことに・・・。

ナルレガシー12-4
おススメはCのポイントですね!ここはアゲンストが強くなければ、
1Wノーマルショットで狙えるポイントです。
手前の丘が気になる所ですが、3ISBSでまず当たらないので気にしなくて大丈夫です。
右からの風が強くとも、桃色の木は右上→左下押しの斜めSBSでかわす事は
ナルならば余裕です。(この辺がナルの強み)
残り距離もこの3箇所の中では一番短いので狙いやすいです。
パワーも節約できますしね。

ナルレガシー12-5
②、④、⑤のピン位置はグリーンが受けているので、ベタピンが狙いやすいです。

①、③はちょっと難しいですね・・・。
とにかく手前に乗せてしまうと下りの激ムズパットが残るので注意。
距離的にもCのポイントからでも5W使用せねばならなくなる距離が残りやすいですね。
もったいないかもですが3IP、もしくは3IEX使用してSBSで狙いたい所。
ただしグリーンオーバーして奥のカラーからなら
十分チップが狙えるので諦めないことですね!

⑥、⑦、⑧はあまり大会では見かけない気がするのですが、
グリーン手前に乗せる事が出来れば、上りパットになるので何とかなります。
(手前のカラーあたりに着弾させたい)

12Hはグリーン右側のピンならば、(レガシーB INの中では)簡単な方かなと思います。
①、③のピンなら惜しまずパワー使って寄せたい所ですね。

ナルレガシーバックティー攻略11H

ナルレガシー11
おそらくナルにとっての最難関ホール、レガシーB11Hの攻略です。
なんといっても距離があるパー3、(普通は)5Wを使用せざるを得ませんので・・・。
落とし所は一択、Aのポイントになります。
ここは手前に下っているポイントなので、ボールの勢いが殺されて、
大体Bの辺りに止まってくれます。①~⑤、⑦のピンなら、かなり難しいラインが残りますが、
上りパットになりますのでまだ何とかなる範疇かなと・・・。(難易度高)
手前のOBを恐れてCの辺りまで飛ばしてしまうと、ほぼ間違いなく奥のバンカー直行です。
Aの辺りに落とす場合は、5W100%SBSが基準になります。
アゲンストの場合は、5WP96%、98%、100%・・・とPショットを
使って調節しましょう。(強さは5Wノーマル100%<5WP96%という事を忘れないように)
また、ちょっとでも追い風成分がある場合は、3IP100%SBSでもグリーンに届きます。
その場合、Bの地点より手前にボールを置くことが出来ますので、
手前のピン⑥、⑧あたりに寄せることも・・・一応可能です。(難易度激高)

JIに自信があるぜ!という方は、3IEX使用で基本何とかなると思いますが、
JI外した時点で手前のOB決定ですw

このホールはとにかくティーショットでJI決める事、
そして気合でパットをねじ込む事!
レガシーなんて大体どのホールもそうなんですがね><

ナル使用レガシーバックティー攻略10H

前回、ナルが最も輝くのはレガシーバックティーINだとブログで書きました。
そこで今回からはナル使用時のレガシーIN攻略法を書いていこうと思います!
まずは10Hから・・・(ギアはビグビグLV4使用)
ナルレガシー10-1
まずティーショットの落とし場所として考えられるのは右のFW、Aの箇所ですね。
しかしここはあまりおススメできません・・・。なぜなら・・・
ナルレガシー10-2
5wを使用しなければならない距離が残ってしまうんですね。
特に手前のピン位置だと寄せるのはほぼ不可能になってしまいます。
また強いアゲンストですと、ナルの場合1WでもAの箇所に届かない可能性も出てきます。
このホールではPショットは使いたくはないので・・・。(後々Pが足りなくなる)
ナルレガシー10-3
おススメは左のFW、Bの箇所です。
大体パワーは1W93~91%、バックスピンで狙うといい感じに止まります。
ここですと、
ナルレガシー10-4
4Iが使用できる距離になります!ここはライもいいので、
SBSでどのピン位置でもベタピンが狙えます。
注意してもらいたいのは、前に下っているライなのか確認する事です。
少しでも前に下っていれば、SBSで上の岩には当たりません。
逆にティーショットがブレてしまい、Cの辺りに行ってしまうと、上げライになってしまいます。
その場合は3Iを使用、ノースピンで狙わなければならなく、ベタピンはかなり難しくなってしまいます。
ナルレガシー10-5
このホールはグリーンが難しく、基本的には奥に下っています。
①のピンでしたらAから狙うのもアリかな?
③、⑦、⑧はBからでないとベタピンはほぼ不可能。
また、ピン手前で急激に傾斜が変化するカップが多いのでパットは慎重に・・・

10HはティーショットさえBの地点に正確に落とせれば、それほど難しくはありません!
正確に落とすのが非常にシビアなのですがw
バーディーをきっちり決めて、幸先の良いスタートを決めたい所ですね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。